So-net無料ブログ作成
検索選択
サービス ブログトップ

小さな気遣い [サービス]

母の日に泊まった『雪月花』。
ここで出会った小さな心遣い・・・。

お部屋は和風ですが、お布団は一段高くなったところにベットのようにすでに用意してあります。
ここの旅館はホテルのように、いっさい旅館のスタッフがお部屋に入ることがないようになっています。
ホテルでよくみる『DO NOT DISTURB』のタッグ、ここでは『まどろみの中、お構いなく・・・』って。
粋な言葉ですよね。

そしてここの売りは、外の見えるお風呂がついていること。
外の気配を感じながら、箱根の緑を堪能しました。そこには『みかんの香りで・・』と、みかんがそっと置いてありました。
風呂上りには、自分でえらんだ浴衣を着て、お部屋に用意してあった抹茶セットで、美味しいお菓子と、抹茶を楽しむ。。。。。。心憎い気遣いでした。

     
                    

この旅館、ところどころに小さな気遣いが・・・。

お食事はお部屋ではなく、3箇所のお食事どころで、好きなコースを選べます。
和食会席コース、鉄板焼き・洋風会席コース、そして天ぷら、寿司三昧コースからチェックイン時に選びます。
私たちは『天ぷら・寿司三昧コース』を。
前菜:先付、牛しゃぶのあと、天ぷら・お寿司は注文票で好きなだけ注文できます。
おなかぺこぺこで行ったのですが、そんなに食べれるものではありませんでした!
   
             

そのほかココはアロマテラピー、手もみマッサージ、タイ古式マッサージ、岩盤浴も楽しめます。
これは人気で早めに予約しておかないとだめでした。残念!!
 


お客様の気持ち [サービス]

今朝、用事があって六本木に。
その帰りに今日のレッスンのティータイムようの和菓子を買うために、
2件の和菓子屋さんに行きました。

1件目の和菓子屋さん。
ロアビルの近くの老舗『A』。
ウインドウにはひな祭りのディスプレイがなされていました。
『何にしようかな?』って、入り口の自動ドアの前に・・・・。
『ん?』自動ドアはもちろんガラス、だけど曇ってる???
お店に入ったら、店員さんは他のお客様の対応で、私の存在に気がつかない様子。
ショウウィンドウに目をやると、きれいな和菓子が並んでいました。
が、このガラスも曇ってる!!!なんだか買う気がせずに外へ出てしまいました。

それからもう1つの和菓子屋さんへ。
私が入って1分もしないうちに、トレイに緑茶と一口の和菓子を持って、
店員さんが『どうぞ、一口ですが・・・・・』と。
『え?まだ私が買うかもわからないのに・・・・』と、私が吃驚していると、『皆様にお出ししているのですよ、ご遠慮なく』って。
その後箱に入った和菓子の数を数えていると、
『おいくつ必要なのでしょうか?これはばら売りもしていますし、ご自宅用でしたらそちらのほうがよろしいですよ。箱代の分お得です。』
お客様の立場を考えて対応してくださる店員さんに感激でした。

この2件のお店の違いに、サービスの心を感じた出来事でした。
そして今日1冊の本を買いました。
        
     サービスの花道『客の心をつかむプロたち』発行 講談社
私もサービス業の端くれ、もう一度サービスということを考えてみようと思いました。


サービス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。